就職・転職情報ナビ 平均年収が高い会社、ボーナスが多い会社、働きやすい会社、人気の会社などから就職、転職、キャリアアップから独立まで、学生から就職浪人、フリーターから現役サラリーマンまでみんなが本当に知りたい会社の情報を集めました。
情報リンク 就職関連BOOKS PR
【キャリア査定】あなたの市場価値を無料査定!
転職を考えたら、まずは自分の市場価値を確認してみましょう!
ご存知ですか? 求人情報の80%は非公開求人情報です。
企業の採用ページや転職サイト、新聞、転職情報誌等で公開されない求人情報は意外と多く、約8割は非公開求人情報と言われています。
絶対内定
エントリーシートの書き方
面接試験対策
採用担当者裏マニュアル
自己啓発
採用試験は面接が全て。
年収3000万円以上の求人
30歳で500万円、40歳で1000万円が高年収の基準とも言われますが…。
優良企業求人
優良企業の求人は少なく、公開されない求人情報も多いとのこと。
HOME>ボーナスランキング一覧
MENU
給料・平均年収
平均年収ランキング一覧
業種別ランキング
 水産・農林 鉱業 建設 食品
 繊維 パルプ・紙 化学 金属
 石油・石炭 ゴム 窯業 鉄鋼
 非鉄金属 機械 電気機器
 輸送用機器 精密機器 
 その他製造 商業 金融・保険
 不動産 陸運 海運 空運
 情報・通信 倉庫
 電気・ガス サービス
業種別ベスト5・ワースト5
平均年収高額企業ランキング
総合  ■高額な業種
ベスト50社 ■ワースト50社
職種別年収ランキング
  営業 事務・企画 技術
上場企業 業種別
年代別 職種別平均年収
年代別 女性の給与明細
年代別 課長の給料
30歳平均年収ランキング
給料の安い会社ランキング
サラリーマンの平均給与
職種別・時給ランキング
■業界別給与・賞与比較
テレビ局・新聞社・出版社
主要マスコミの給料一覧
自動車業界情報・通信業界
公務員vs民間給料比較
職業別給料平均年収比較
平均年収ランキングトップ1000
30歳年収ランキングトップ1000
職種・業界別時給ランキング
職業別給料平均年収ランキング
 (総理大臣からフリーターまで
職種別年収ランキング
 (パイロットからビル清掃員まで)
公務員給料・年収一覧
役員報酬ランキング
女性の給与明細ランキング
外資系企業平均年収ランキング
出身大学別平均年収ランキング
年収激増職種、激減職種
ボーナス・賞与
ボーナス支給額ランキング一覧
2018年夏のボーナスランキング
2017年冬のボーナスランキング
2017年夏のボーナスランキング
2016年冬のボーナスランキング
2016年夏のボーナスランキング
2015年冬のボーナスランキング
初任給
初任給ランキング一覧
業種別初任給ランキング一覧
高額初任給ランキング
生涯賃金
生涯賃金ランキング 
職場環境
働きやすい会社ランキング一覧
働きやすい会社ランキング3
働きやすい会社ランキング2
働きやすい会社ランキング1
女性が働きやすい会社2
女性が働きやすい会社1
人を活かす会社ランキング
人を活かす会社ランキング2016
社員に優しい会社ランキング
社員に愛されてる企業ランキング
ストレスがたまる業界・業種
仕事の激務度ランキング
働きがいのある会社
仕事で得したこと(役得)特集
花形・窓際部署
業種別花形・窓際部署
満足している人が多い職種
待遇の満足度(日系企業)
待遇の満足度(外資系企業)
職業別自殺者数調査
年収の高い職種の平均残業時間
人気業界の実態
放送(テレビ局)業界
自動車業界
銀行業界
外資系企業の実態
優良企業
優良企業ランキング2
優良企業ランキング1
優良企業ランキング
10年後の大企業ランキング
10年後も絶対に生き残る企業
10年後になくなる仕事
・消えゆく仕事、将来有望な仕事
成長企業ランキング
就職
就職人気企業ランキング一覧
新卒編1/  ・転職編
就職人気企業ランキング4
就職人気企業ランキング3
就職人気企業ランキング2
就職人気企業ランキング1
大学生が選ぶ就職人気企業
過去30年の人気企業トップ10
役立つ大学ランキング

欲しい学生いらない学生
転職
転職人気企業ランキング2
転職人気企業ランキング1
転職して想定外であったこと
世界の就職したい企業ランキング
働きたいIT企業
給料の高いIT企業
不採用の理由ランキング
本当の退職理由ランキング
こんな人はリストラ予備軍
キャリアアップ
資格
転職に有利な資格ランキング
ニュース
就職・転職ニュース一覧
役職別平均年収比較
会社を辞めたい人が多い業種は
7社に1社、残業100時間超
サラリーマンの平均給与調査
サイトマップ
平均年収相互リンク集
求人情報リンク集
相互リンク募集
各種「ボーナスランキング」の一覧です。

ボーナスはサラリーマンにとって最大の関心事の1つ。ボーナスの金額は業界や会社、会社の中でも部署の違いによりまちまちですが、皆さんどれくらいのボーナスを貰っているのでしょうか。

大企業や有名企業のボーナスはいろいろなところで話題となりますが、中小企業や零細企業のボーナスはどれくらいでしょう。

このページは皆さんが知りたいボーナスに関するあらゆる情報と集めたベージです。
2018年夏のボーナスランキング
全産業の平均ボーナス支給額はリーマンショック前の水準まで回復。
ランキング上位の企業は超有名企業というわけでもなく、好業績により多くの会社でボーナス水準が上がった結果なのでしょうか。
2017年冬のボーナスランキング
冬のボーナスランキングでは意外な企業がランキング上位に。ボーナスは5年連続で増加したようで、全業種の6割が前年比でプラスのようですが、景気指標はやや減速して来ている雰囲気です。
2017年夏のボーナスランキング
NHKのボーナスはいくらくらいでしょうか。かなり高いことは間違いなく、ボーナスランキング上位に来ておかしくないのですが、受信料からボーナスは支払われるため、あまりオープンにはできないようです。
2016年冬のボーナスランキング
ボーナス支給額は増加傾向ですが、伸び率はわずかでした。アベノミクス効果でボーナスが増えたという会社も減ってきているようです。
2016年夏のボーナスランキング
ボーナスランキング1位は4年連続で積水ハウス。ボーナス無しだったあの会社もボーナスを復活させたようです。数年後にはまたランキング上位に顔を出すのでしょうか。
2016年夏のボーナス予測
従業員5人以上の会社を対象にシンクタンクが予測したボーナス支給額予測。上場企業や有名企業の平均支給額とは大きな差が。これが日本企業の実態。日本の平均的会社員のボーナスと言えるのではないでしょうか。
2015年冬のボーナスランキング
円相場や資源相場の乱高下がボーナスに大きく影響。製造業の17業種のボーナスがアップした一方、不動産・住宅業界のボーナスが急落。
2015年夏のボーナスランキング
ボーナス支給額ランキング1位は2年連続で積水ハウスでした。他の調査では大塚製薬が1位と思われる結果も出ており、調査会社により結果はまちまちのようです。
2014年冬のボーナスランキング
ボーナスが増えたのは大企業だけ? 中小企業のボーナス支給額は減少傾向? ボーナス格差が広がってきているようです。。
2014年夏のボーナス支給額ランキング
夏のボーナス支給額2年連続ナンバー1はあの会社。意外な結果であり、対象企業や実際に回答する回答が少ないなど、ボーナスランキング調査の限界が見えた印象もあります。
人気企業、有名企業の2013年冬のボーナス(1)

人気企業、有名企業の2013年冬のボーナス(2)
2013年冬のボーナスランキング
大塚商会がボーナス支給額ランキング1位?
ブラック企業とも噂されましたが、意外とボーナスは太っ腹なんでしょうか。
かなり意外な結果となった2013年冬のボーナスランキング。
2013年夏のボーナス支給額ランキング
自動車業界のボーナスが大幅に増加した一方で、電機業界ではボーナスカットも多いようです。
2012年冬のボーナスランキング
経団連の集計でもボーナス支給額は3%ほど減額となったようです。今年は電機業界を中心にリストラが大々的に行われており、ボーナス0円も当たり前と思っておいた方がよいのかもしれません。
会社別ボーナスランキング
2012年夏のボーナスランキング
2012年夏(平成24年)のボーナス支給額は前年夏のボーナスと比べ3パーセントほどの減少。同年代でのボーナス格差も広がっている模様。
2011年冬のボーナスランキング
2011年冬(平成23年)の賞与支給額は震災影響、欧州の債務問題、タイの洪水などのマイナス要因が多かったにも関わらず、前年比増、夏のボーナスよりも微増したようです。
2011年夏のボーナスランキング(最終集計)
2011年夏(平成23年)の賞与支給額の最終集計値。医薬品業界と電力業界のボーナスが大きく減少。と言っても、元々のボーナスが高いので他業界と比較すれば十分高い金額だったりします。
業種別2011年夏のボーナス
2011年夏(平成23年)の賞与支給額。ボーナス支給額(額面、税込金額)は全般的に増加傾向にあるようです。東日本大震災の影響は2011年冬のボーナスから反映されることになるのでしょうか。
2010年冬のボーナスランキング
任天堂、ファナック、武田薬品など優良企業のボーナス平均支給額は100万円を超えています。社会保険料の上昇でボーナス手取り額は減ったという人が多いのでは。
≫業種別ボーナス平均支給額
2010年夏のボーナス支給額ランキング(中間集計)
自動車関連がランキング上位に増加しつつありますが、不景気には電力などのインフラ関連の好待遇振りが際立ちます。2010年夏のボーナス調査の中間集計値ですので、例年1位の任天堂はまだ登場しておりません。
 
2009年冬のボーナスランキング(最新版)

≫主要企業のボーナス(1)
≫主要企業のボーナス(2)
≫主要企業のボーナス(3)
2009年冬のボーナスランキング(速報)
日本経済新聞社がまとめた2009年冬のボーナス調査の中間集計値。一人当たりのボーナス支給額は主要20業種の内、石油と通信を除く18業種で昨冬のボーナスを下回ったそうです。
2009年夏のボーナスランキング
2009年(平成21年)夏のボーナス(平均支給額)が高かった会社のランキング。各企業の急激な業績悪化を反映し、2009年度賞与は軒並み減少傾向です。
2008年年間ボーナスランキング
ボーナスランキング上位の会社は常連のあの企業。証券会社等の運用担当者のボーナスが高額なのは常識。
2008年冬のボーナスランキング
リーマンショックの影響でボーナスランキングの結果にも変動が。上場大企業よりも新興企業の方がボーナスが多くなることは珍しいことではありません。
2008年夏のボーナスランキング
ボーナスランキングには登場しないのに、ボーナスが超高額な企業の噂をよく聞きます。ボーナスと賞与を使い分けているのか。
2007年冬のボーナスランキング
大企業では全従業員のボーナスを上げると、会社経営に大きな影響を及ぼすため、ボーナスの金額を大きく上げるわけには行きません。
2006年冬のボーナスランキング
ボーナスランキング上位の企業の顔ぶれは毎年あまり変わらない印象。
自動車業界ボーナス比較
自動車業界の業績も最近は乱高下しており、ボーナスも増減が激しくなっているようです。しかし、ボーナス大幅カットと言っても他の業界より高いボーナスをもらっていたりもします。
テレビ局・新聞社・出版社ボーナス比較
最も給料、年収がが高い業界の一つと言われるマスコミ。ボーナスの金額も破格と言えます。批判を避けるためにボーナスの金額も少なめに公表しているという噂も。
情報・通信業界ボーナス比較
景気の波の影響を受けやすい情報・通信業界。ボーナスも景気次第と言えそうです。ボーナスに限らず大手通信系会社は恵まれていると言えそうです。
ボーナス[賞与(しょうよ)]とは、定期給の労働者に対し定期給とは別に支払われる特別な給料のことで、欧米ではいわゆる特別配当・報奨金の類である。

日本では、基本的には夏と冬の年2回支給される場合が多いが、企業によっては年1回や年3回といったところもある。また、もともと制度として導入していない場合もある。





ボーナスランキング一覧
<注意事項>
■当サイトの情報は必ずしも最新の情報とは言えません。また、掲載している情報に誤りがあることもありますので、当サイトの情報の利用にあたりましては、ご自身の判断で自己責任でご利用ください。当サイトのご利用により生じた損失等について当方は一切責任を負いません。
Copyright:(C) job-hunting 2005. All Rights Reserved.