就職・転職情報ナビ 日経新聞の調査では、今年の冬のボーナスの一人当たり平均支給額は823,544円で、前年比で約2%増加したそうです。今年も任天堂が1位となりました。任天堂は冬のボーナスを手厚くする経営方針ですので、ほぼ毎年冬のボーナス支給額が1位になる傾向にあります。ボーナスの多い会社はほぼ前年と同じような会社が上位となっております。
情報リンク 就職関連BOOKS PR
【キャリア査定】あなたの市場価値を無料査定!
転職を考えたら、まずは
自分の市場価値を確認してみましょう!
ご存知ですか? 求人情報の80%は非公開求人情報です。

企業の採用ページや転職サイト、新聞、転職情報誌等で公開されない求人情報は意外と多く、約8割は非公開求人情報と言われています。
絶対内定エントリーシートの書き方
面接試験対策
採用担当者裏マニュアル
自己啓発
面接力向上セミナー
採用試験は面接が全て。
求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1のリクルートエージェントの面接講座。

HOMEボーナス支給額ランキング一覧>2006年冬のボーナス高額企業ランキング
MENU
給料・平均年収
平均年収ランキング一覧
業種別ランキング
 水産・農林 鉱業 建設 食品
 繊維 パルプ・紙 化学 金属
 石油・石炭 ゴム 窯業 鉄鋼
 非鉄金属 機械 電気機器
 輸送用機器 精密機器 
 その他製造 商業 金融・保険
 不動産 陸運 海運 空運
 情報・通信 倉庫
 電気・ガス サービス
業種別ベスト5・ワースト5
平均年収高額企業ランキング
総合  ■高額な業種
ベスト50社 ■ワースト50社
職種別年収ランキング
  営業 事務・企画 技術
上場企業 業種別
年代別 職種別平均年収
年代別 女性の給与明細
年代別 課長の給料
30歳平均年収ランキング
給料の安い会社ランキング
サラリーマンの平均給与
職種別・時給ランキング
■業界別給与・賞与比較
テレビ局・新聞社・出版社
主要マスコミの給料一覧
自動車業界情報・通信業界
公務員vs民間給料比較
職業別給料平均年収比較
平均年収ランキングトップ1000
30歳年収ランキングトップ1000
職種・業界別時給ランキング
職業別給料平均年収ランキング
 (総理大臣からフリーターまで
職種別年収ランキング
 (パイロットからビル清掃員まで)
公務員給料・年収一覧
役員報酬ランキング
女性の給与明細ランキング
外資系企業平均年収ランキング
出身大学別平均年収ランキング
年収激増職種、激減職種
ボーナス・賞与
ボーナス支給額ランキング一覧
2016年夏のボーナスランキング
2015年冬のボーナスランキング
2015年夏のボーナスランキング
2014年冬のボーナスランキング
2014年夏のボーナスランキング
2013年冬のボーナスランキング
2013年夏のボーナスランキング
初任給
初任給ランキング一覧
業種別初任給ランキング一覧
高額初任給ランキング
生涯賃金
生涯賃金ランキング 
職場環境
働きやすい会社ランキング一覧
働きやすい会社ランキング3
働きやすい会社ランキング2
働きやすい会社ランキング1
女性が働きやすい会社2
女性が働きやすい会社1
人を活かす会社ランキング
社員に優しい会社ランキング
社員に愛されてる企業ランキング
ストレスがたまる業界・業種
仕事の激務度ランキング
働きがいのある会社
仕事で得したこと(役得)特集
花形・窓際部署
業種別花形・窓際部署
満足している人が多い職種
待遇の満足度(日系企業)
待遇の満足度(外資系企業)
職業別自殺者数調査
年収の高い職種の平均残業時間
人気業界の実態
放送(テレビ局)業界
自動車業界
銀行業界
外資系企業の実態
優良企業
優良企業ランキング2
優良企業ランキング1
優良企業ランキング
10年後の大企業ランキング
10年後も絶対に生き残る企業
10年後になくなる仕事
成長企業ランキング
就職
就職人気企業ランキング一覧
新卒編1/  ・転職編
就職人気企業ランキング4
就職人気企業ランキング3
就職人気企業ランキング2
就職人気企業ランキング1
大学生が選ぶ就職人気企業
過去30年の人気企業トップ10
役立つ大学ランキング

欲しい学生いらない学生
転職
転職人気企業ランキング2
転職人気企業ランキング1
転職して想定外であったこと
世界の就職したい企業ランキング
働きたいIT企業
給料の高いIT企業
不採用の理由ランキング
本当の退職理由ランキング
こんな人はリストラ予備軍
キャリアアップ
資格
転職に有利な資格ランキング
ニュース
就職・転職ニュース一覧
役職別平均年収比較
会社を辞めたい人が多い業種は
7社に1社、残業100時間超
サラリーマンの平均給与調査
サイトマップ
平均年収相互リンク集
求人情報リンク集
相互リンク募集
2006年冬のボーナス高額企業ランキング

2006年冬のボーナス(平均支給額)が高かった会社のランキングです。ボーナスが高い会社として上位にランキングされた会社は、もともとのボーナスが高かった上に、好業績が重なり、さらに高額なボーナスになった企業が多いようです。

全般的にも、2006年の冬期賞与は良好な業績を背景に支給額が増えた企業が多かったと言えます。

日本経済新聞社が行った調査によれば、一人当たりの支給額平均は823,544円で前年比1.98%の増加。
特に製造業の伸び率が高く、伸び率トップはオリンパスで54.74 %、支給額は1,082,318円(36歳)でした。業種別では素材メーカーの伸び率が高く鉄鋼11.19%、非鉄・勤続製品が10.07%などとなっています。
一方、非製造業は18業種のうち10業種がマイナスの伸び率で、ホテル・旅行がマイナス14.85%、水産がマイナス7.79%となっています。

給料や賞与に関する公表資料は、企業イメージを考慮して、少なめに発表する企業が多いといわれています。実際は、もっと高いボーナスをもらっていると見て間違いないでしょう。

順位 企業名 ボーナス
 (万円)
1 任天堂 169
2 アジレント・テクノロジー 138
3 ホンダ 137
4 JFEスチール 129
5 新日本製鉄 123
6 トヨタ自動車 121
7 ローム 118
8 武田薬品工業 117
9 積水ハウス 116
10 ニコン 115
11 キャノン 115
12 シスメックス 114
13 日鉱金属 112
14 キャノンマーケティングジャパン 111
15 日産自動車 111
16 SMK 110
17 ファナック 109
18 日新製鋼 109
19 住友金属工業 108
20 東京製鐵 108
21 ミルボン 107
22 資生堂 104
23 同和鉱業 103
24 日東工器 102
25 SUNX 102
26 KDDI 100
27 大和工業 100
28 中部鋼鈑 100
29 ダイフク 100
30 アサヒビール 100

因みに、2006年冬のボーナス(平均支給額)を2005年冬のボーナスと比較した場合、伸び率の上位ランキングはこのような結果でした。
順位 企業名 ボーナス
 (万円)
伸び率
 (%)
1 JUKI 80 27
2 三井ハイテック 66 27
3 加藤製作所 75 25
4 中部鋼鈑 100 21
5 トーヨーアサノ 52 20
6 住友金属工業 108 19
7 日本カーバイド工業 49 18
8 エンシュウ 65 18
9 トクヤマ 88 17
10 安川電機 88 17
11 東芝機械 83 16
12 荏原 62 16
13 マックス 99 15
14 仙波糖化工業 56 15
15 新日本製鉄 123 15
16 住友電気工業 75 15
17 アイ・ロジスティクス 66 15
18 椿本チエイン 96 13
19 中山製鋼所 90 13
20 住友精密工業 73 12






2006年冬のボーナス高額企業ランキング
<注意事項>
■当サイトの情報は必ずしも最新の情報とは言えません。また、掲載している情報に誤りがあることもありますので、当サイトの情報の利用にあたりましては、ご自身の判断で自己責任でご利用ください。当サイトのご利用により生じた損失等について当方は一切責任を負いません。
Copyright:(C) job-hunting 2005. All Rights Reserved.