就職・転職情報ナビ 平均年収が高い会社、ボーナスが多い会社、働きやすい会社、人気の会社などから就職、転職、キャリアアップから独立まで、みんなが本当に知りたい会社の情報を集めました。平均年収比較・平均年収ランキング、ボーナス・生涯賃金ランキングなどなど就職・転職に役立つ情報満載です。
情報リンク 就職関連BOOKS PR
【キャリア査定】あなたの市場価値を無料査定!
転職を考えたら、まずは
自分の市場価値を確認してみましょう!
ご存知ですか? 求人情報の80%は非公開求人情報です。

企業の採用ページや転職サイト、新聞、転職情報誌等で公開されない求人情報は意外と多く、約8割は非公開求人情報と言われています。
絶対内定エントリーシートの書き方
面接試験対策
採用担当者裏マニュアル
自己啓発
エンジニアが失敗しない転職をするためには?
国内最大級のエンジニア求人!
エンジニア専門転職支援。
HOME人気業界の実態>自動車業界の実態
MENU
給料・平均年収
平均年収ランキング一覧
業種別ランキング
 水産・農林 鉱業 建設 食品
 繊維 パルプ・紙 化学 金属
 石油・石炭 ゴム 窯業 鉄鋼
 非鉄金属 機械 電気機器
 輸送用機器 精密機器 
 その他製造 商業 金融・保険
 不動産 陸運 海運 空運
 情報・通信 倉庫
 電気・ガス サービス
業種別ベスト5・ワースト5
平均年収高額企業ランキング
総合  ■高額な業種
ベスト50社 ■ワースト50社
職種別年収ランキング
  営業 事務・企画 技術
上場企業 業種別
年代別 職種別平均年収
年代別 女性の給与明細
年代別 課長の給料
30歳平均年収ランキング
給料の安い会社ランキング
サラリーマンの平均給与
職種別・時給ランキング
■業界別給与・賞与比較
テレビ局・新聞社・出版社
主要マスコミの給料一覧
自動車業界情報・通信業界
公務員vs民間給料比較
職業別給料平均年収比較
平均年収ランキングトップ1000
30歳年収ランキングトップ1000
職種・業界別時給ランキング
職業別給料平均年収ランキング
 (総理大臣からフリーターまで
職種別年収ランキング
 (パイロットからビル清掃員まで)
公務員給料・年収一覧
役員報酬ランキング
女性の給与明細ランキング
外資系企業平均年収ランキング
出身大学別平均年収ランキング
年収激増職種、激減職種
ボーナス・賞与
ボーナス支給額ランキング一覧
2016年夏のボーナスランキング
2015年冬のボーナスランキング
2015年夏のボーナスランキング
2014年冬のボーナスランキング
2014年夏のボーナスランキング
2013年冬のボーナスランキング
2013年夏のボーナスランキング
初任給
初任給ランキング一覧
業種別初任給ランキング一覧
高額初任給ランキング
生涯賃金
生涯賃金ランキング 
職場環境
働きやすい会社ランキング一覧
働きやすい会社ランキング3
働きやすい会社ランキング2
働きやすい会社ランキング1
女性が働きやすい会社2
女性が働きやすい会社1
人を活かす会社ランキング
社員に優しい会社ランキング
社員に愛されてる企業ランキング
ストレスがたまる業界・業種
仕事の激務度ランキング
働きがいのある会社
仕事で得したこと(役得)特集
花形・窓際部署
業種別花形・窓際部署
満足している人が多い職種
待遇の満足度(日系企業)
待遇の満足度(外資系企業)
職業別自殺者数調査
年収の高い職種の平均残業時間
人気業界の実態
放送(テレビ局)業界
自動車業界
銀行業界
外資系企業の実態
優良企業
優良企業ランキング2
優良企業ランキング1
優良企業ランキング
10年後の大企業ランキング
10年後も絶対に生き残る企業
10年後になくなる仕事
成長企業ランキング
就職
就職人気企業ランキング一覧
新卒編1/  ・転職編
就職人気企業ランキング4
就職人気企業ランキング3
就職人気企業ランキング2
就職人気企業ランキング1
大学生が選ぶ就職人気企業
過去30年の人気企業トップ10
役立つ大学ランキング

欲しい学生いらない学生
転職
転職人気企業ランキング2
転職人気企業ランキング1
転職して想定外であったこと
世界の就職したい企業ランキング
働きたいIT企業
給料の高いIT企業
不採用の理由ランキング
本当の退職理由ランキング
こんな人はリストラ予備軍
キャリアアップ
資格
転職に有利な資格ランキング
ニュース
就職・転職ニュース一覧
役職別平均年収比較
会社を辞めたい人が多い業種は
7社に1社、残業100時間超
サラリーマンの平均給与調査
サイトマップ
平均年収相互リンク集
求人情報リンク集
相互リンク募集
自動車業界の実態



自動車業界の仕事の実態

 トヨタ自動車やホンダなど、世界のトップ企業が多数存在し、日本の代表的産業とも言える自動車業界。
 業績好調な近年は、他の製造業に比べ、待遇も良くなっているため、学生や転職希望者からの人気も高くなっています。


 採用に当たっては、従来は機械系の研究をしてきた人材を優先する傾向がありましたが、技術革新が進んだ結果、幅広い分野の専門性が求められるようになり、あらゆる分野の理系学生、技術者が採用されるようになりました。
 最近では、燃料電池やエコ技術のための化学系、エレクトロニクスや素材系の求人も多くなっているようです。
 元々、理系の学生からの人気が高い業界でしたが、門戸の広がりとともにますます学生人気も高くなって来ています。


 仕事内容では、花形部署でもある自動車メーカーの開発部門は、やりがいも高いものの、不夜城と呼ばれるほど非常にハードなため、うつ病になったり、体調を崩す人も多いとのこと。
 営業職は残業も多くはなく、休みも取りやすい、技術系の仕事と比較するとかなり楽な職場と見られています。


 CMや自動車そのものは非常に華やかですが、自動車メーカー自体は基本的に「工場」体質。薄暗く、地味、保守的な職場が一般的です。トヨタ自動車の新人寮は、隙間風の吹く4畳半の部屋で風呂トイレ共同、キッチンなしというものもあるそうです。経費削減も徹底しているので、現在のような好業績も生み出せるのでしょう。


 また、売上の半分以上を海外で稼ぐ自動車メーカーでは、海外
駐在を経験する人も少なくありません。自動車メーカーが開拓しようとしている市場は発展途上国が多く、生活環境も十分に整っていない場合も多いため、自動車メーカーの海外駐在は比較的きついと言われています。


 収入、待遇面では、トヨタ自動車、ホンダなどでは40歳代前半で年収1000万円を超えるのが一般的です。チームプレーが重視される業界でもあるため、給料の格差は少ないと言われています。

 自動車業界では、賃上げ(ベースアップ)は低めに抑え、業績の増減分は賞与に反映させる傾向があります。そのため、業績好調な近年は自動車業界のボーナスが非常に高額になり、話題になることも多いのですが、賃金そのものは抑えられているため、ひとたび業績が悪くなったときは年収も大きく下がると認識しておく必要があります。

 トヨタ自動車では右肩上がりの賃金カーブの年齢給を廃止し、職能給のウエートを高くした新賃金制度が導入されたました。同様の制度が他の自動車メーカーにも広がって行くものと思われます。


 昇進面では、部長に昇格するのが40歳代後半から50歳代。競争率は約10倍。この頃から、関連会社や下請け部品メーカーなどへの出向が増え、年収は減少する人が増加します。


 自動車メーカーの技術系社員は転職市場でも引く手あまたですが、事務系社員は他の業界同様に転職は楽ではないようです。





<注意事項>
■当サイトの情報は必ずしも最新の情報とは言えません。また、掲載している情報に誤りがあることもありますので、当サイトの情報の利用にあたりましては、ご自身の判断で自己責任でご利用ください。当サイトのご利用により生じた損失等について当方は一切責任を負いません。
Copyright:(C) job-hunting 2005. All Rights Reserved.