就職・転職情報ナビ 平均年収が高い会社、ボーナスが多い会社、働きやすい会社、人気の会社などから就職、転職、キャリアアップから独立まで、みんなが本当に知りたい会社の情報を集めました。平均年収比較・平均年収ランキング、ボーナス・生涯賃金ランキングなどなど就職・転職に役立つ情報満載です。
情報リンク 就職関連BOOKS PR
【キャリア査定】あなたの市場価値を無料査定!
転職を考えたら、まずは
自分の市場価値を確認してみましょう!
ご存知ですか? 求人情報の80%は非公開求人情報です。

企業の採用ページや転職サイト、新聞、転職情報誌等で公開されない求人情報は意外と多く、約8割は非公開求人情報と言われています。
絶対内定エントリーシートの書き方
面接試験対策
採用担当者裏マニュアル
自己啓発
エンジニアが失敗しない転職をするためには?
国内最大級のエンジニア求人!
エンジニア専門転職支援。
HOME人気業界の実態>放送業界(テレビ局)の実態
MENU
給料・平均年収
平均年収ランキング一覧
業種別ランキング
 水産・農林 鉱業 建設 食品
 繊維 パルプ・紙 化学 金属
 石油・石炭 ゴム 窯業 鉄鋼
 非鉄金属 機械 電気機器
 輸送用機器 精密機器 
 その他製造 商業 金融・保険
 不動産 陸運 海運 空運
 情報・通信 倉庫
 電気・ガス サービス
業種別ベスト5・ワースト5
平均年収高額企業ランキング
総合  ■高額な業種
ベスト50社 ■ワースト50社
職種別年収ランキング
  営業 事務・企画 技術
上場企業 業種別
年代別 職種別平均年収
年代別 女性の給与明細
年代別 課長の給料
30歳平均年収ランキング
給料の安い会社ランキング
サラリーマンの平均給与
職種別・時給ランキング
■業界別給与・賞与比較
テレビ局・新聞社・出版社
主要マスコミの給料一覧
自動車業界情報・通信業界
公務員vs民間給料比較
職業別給料平均年収比較
平均年収ランキングトップ1000
30歳年収ランキングトップ1000
職種・業界別時給ランキング
職業別給料平均年収ランキング
 (総理大臣からフリーターまで
職種別年収ランキング
 (パイロットからビル清掃員まで)
公務員給料・年収一覧
役員報酬ランキング
女性の給与明細ランキング
外資系企業平均年収ランキング
出身大学別平均年収ランキング
年収激増職種、激減職種
ボーナス・賞与
ボーナス支給額ランキング一覧
2013年夏のボーナスランキング
2012年冬のボーナスランキング
2012年夏のボーナスランキング
2011年冬のボーナスランキング
2011年夏のボーナスランキング
2010年冬のボーナスランキング
2010年夏のボーナスランキング
初任給
初任給ランキング一覧
業種別初任給ランキング一覧
高額初任給ランキング
生涯賃金
生涯賃金ランキング 
職場環境
働きやすい会社ランキング一覧
働きやすい会社ランキング2012
働きやすい会社ランキング2011
働きやすい会社ランキング2010
働きやすい会社ランキング2009
働きやすい会社ランキング2008
働きやすい会社ランキング2007
働きやすい会社ランキング2006
女性が働きやすい会社2008
女性が働きやすい会社2007
社員に優しい会社ランキング
社員に愛されてる企業ランキング
ストレスがたまる業界・業種
仕事の激務度ランキング
働きがいのある会社2007
仕事で得したこと(役得)特集
花形・窓際部署
業種別花形・窓際部署
満足している人が多い職種
職業別自殺者数調査
年収の高い職種の平均残業時間
人気業界の実態
放送(テレビ局)業界
自動車業界
銀行業界
外資系企業の実態
優良企業
優良企業ランキング2007
優良企業ランキング2006
優良企業ランキング
10年後の大企業ランキング
10年後も絶対に生き残る企業
成長企業ランキング
就職
就職人気企業ランキング一覧
新卒編1/  ・転職編
就職人気企業ランキング2013
就職人気企業ランキング2012
就職人気企業ランキング2011
就職人気企業ランキング2010
就職人気企業ランキング2009
就職人気企業ランキング2008
大学生が選ぶ就職人気企業
過去30年の人気企業トップ10
役立つ大学ランキング

欲しい学生いらない学生
転職
転職人気企業ランキング2010
転職人気企業ランキング2008
転職して想定外であったこと
世界の就職したい企業ランキング
働きたいIT企業
給料の高いIT企業
不採用の理由ランキング
本当の退職理由ランキング
キャリアアップ
資格
転職に有利な資格ランキング
ニュース
就職・転職ニュース一覧
役職別平均年収比較
会社を辞めたい人が多い業種は
7社に1社、残業100時間超
サラリーマンの平均給与調査
サイトマップ
平均年収相互リンク集
求人情報リンク集
相互リンク募集
放送業界(テレビ局)の実態




テレビ局の仕事の実態

 就職人気企業のランキングでは常に上位に位置する大手テレビ局。「仕事が楽しそう」、「芸能人と仕事ができる、親しくなれそう」という華やかなイメージに加え、大手テレビ局では平均年収が1,500万円を超えるなど、収入面でも非常に恵まれていることで知られています。

 しかし、華やかなイメージの裏には高収入を裏付けるだけの過酷な勤務実態が隠されているようです。

 例えば、ドキュメンタリーの制作では早朝から深夜まで取材を行い、編集作業は泊り込みで行うこともざらだそうで、1週間以上自宅に帰れない、ということもあるそうです。

 一方で、バラエティ番組やドラマなどでは番組制作を制作会社に丸投げすることも多く、チーフプロデューサー、総合演出、ディレクターの3人だけがテレビ局社員、その他のスタッフは全て下請け会社の社員ということも多いようです。

 また、テレビ局社員といっても全て人が番組制作に係わるわけではありません。私の知人はテレビ局のシステム管理部門に勤務していますが、「暇。一日の半分は新聞を読むかネットサーフィンをしている」とのこと。休日が不定期なところが不満だそうですが、20代後半で年収1,000万円に手が届くところまで来ており、うらやましい限りです。



キー局社員と下請け制作会社では天国と地獄の差

 その収入面ですが、テレビ局社員と下請け会社では大きな差が出てきます。仕事の拘束時間が長いテレビ業界ですが、キー局では残業代が青天井のため、社員の年収は上場企業の中でも常にトップクラスの水準となっています。

 2007年時点では、朝日放送が平均年収1,587万円、フジテレビジョンが1,574万円、日本テレビ放送網が1,431百万とのこと。

 一方、制作会社では30歳で平均年収400万円という人がザラ。プロデューサーが絶対的権力も持つため、息子のような年齢の社員にゴミのように扱われることもあるそうです。制作会社からテレビ局への転職を目指す人も多いが、精神的にも体力的にも続かず業界を去っていく人も多いそうです。



 また、テレビ業界については、大企業幹部、芸能人、政治家の子女などのコネ入社社員が多く、仕事ができない人が多い。実力主義のイメージが強いが、一流大学出身者がかなり多い。
キー局の広告営業は態度がでかいが、大企業には全く頭が上がらない。広告主に不利な情報はなるべく放送を控えるのは事実など巷で言われるテレビ業界の噂は意外と本当のことが多いようです。



≫テレビ局・新聞社・出版社 給与・賞与比較
≫主要マスコミの給料一覧





<注意事項>
■当サイトの情報は必ずしも最新の情報とは言えません。また、掲載している情報に誤りがあることもありますので、当サイトの情報の利用にあたりましては、ご自身の判断で自己責任でご利用ください。当サイトのご利用により生じた損失等について当方は一切責任を負いません。
Copyright:(C) job-hunting 2005. All Rights Reserved.