就職・転職情報ナビ 学生の就職人気企業ランキングで常に上位に顔を出すメガバンクを筆頭に、好待遇と世間体の良さ、潰しの利く業界などの理由で人気の銀行業界。一方で、ノルマや人間関係が厳しく、50歳で大半の行員は出向、実質定年になるなど厳しい現実も。銀行業界の仕事の実態はどんなものでしょうか。。
情報リンク 就職関連BOOKS PR
【キャリア査定】あなたの市場価値を無料査定!
転職を考えたら、まずは
自分の市場価値を確認してみましょう!
ご存知ですか? 求人情報の80%は非公開求人情報です。

企業の採用ページや転職サイト、新聞、転職情報誌等で公開されない求人情報は意外と多く、約8割は非公開求人情報と言われています。
絶対内定エントリーシートの書き方
面接試験対策
採用担当者裏マニュアル
自己啓発
エンジニアが失敗しない転職をするためには?
国内最大級のエンジニア求人!
エンジニア専門転職支援。
HOME人気業界の実態>銀行業界の実態
MENU
給料・平均年収
平均年収ランキング一覧
業種別ランキング
 水産・農林 鉱業 建設 食品
 繊維 パルプ・紙 化学 金属
 石油・石炭 ゴム 窯業 鉄鋼
 非鉄金属 機械 電気機器
 輸送用機器 精密機器 
 その他製造 商業 金融・保険
 不動産 陸運 海運 空運
 情報・通信 倉庫
 電気・ガス サービス
業種別ベスト5・ワースト5
平均年収高額企業ランキング
総合  ■高額な業種
ベスト50社 ■ワースト50社
職種別年収ランキング
  営業 事務・企画 技術
上場企業 業種別
年代別 職種別平均年収
年代別 女性の給与明細
年代別 課長の給料
30歳平均年収ランキング
給料の安い会社ランキング
サラリーマンの平均給与
職種別・時給ランキング
■業界別給与・賞与比較
テレビ局・新聞社・出版社
主要マスコミの給料一覧
自動車業界情報・通信業界
公務員vs民間給料比較
職業別給料平均年収比較
平均年収ランキングトップ1000
30歳年収ランキングトップ1000
職種・業界別時給ランキング
職業別給料平均年収ランキング
 (総理大臣からフリーターまで
職種別年収ランキング
 (パイロットからビル清掃員まで)
公務員給料・年収一覧
役員報酬ランキング
女性の給与明細ランキング
外資系企業平均年収ランキング
出身大学別平均年収ランキング
年収激増職種、激減職種
ボーナス・賞与
ボーナス支給額ランキング一覧
2016年夏のボーナスランキング
2015年冬のボーナスランキング
2015年夏のボーナスランキング
2014年冬のボーナスランキング
2014年夏のボーナスランキング
2013年冬のボーナスランキング
2013年夏のボーナスランキング
初任給
初任給ランキング一覧
業種別初任給ランキング一覧
高額初任給ランキング
生涯賃金
生涯賃金ランキング 
職場環境
働きやすい会社ランキング一覧
働きやすい会社ランキング3
働きやすい会社ランキング2
働きやすい会社ランキング1
女性が働きやすい会社2
女性が働きやすい会社1
人を活かす会社ランキング
社員に優しい会社ランキング
社員に愛されてる企業ランキング
ストレスがたまる業界・業種
仕事の激務度ランキング
働きがいのある会社
仕事で得したこと(役得)特集
花形・窓際部署
業種別花形・窓際部署
満足している人が多い職種
待遇の満足度(日系企業)
待遇の満足度(外資系企業)
職業別自殺者数調査
年収の高い職種の平均残業時間
人気業界の実態
放送(テレビ局)業界
自動車業界
銀行業界
外資系企業の実態
優良企業
優良企業ランキング2
優良企業ランキング1
優良企業ランキング
10年後の大企業ランキング
10年後も絶対に生き残る企業
10年後になくなる仕事
成長企業ランキング
就職
就職人気企業ランキング一覧
新卒編1/  ・転職編
就職人気企業ランキング4
就職人気企業ランキング3
就職人気企業ランキング2
就職人気企業ランキング1
大学生が選ぶ就職人気企業
過去30年の人気企業トップ10
役立つ大学ランキング

欲しい学生いらない学生
転職
転職人気企業ランキング2
転職人気企業ランキング1
転職して想定外であったこと
世界の就職したい企業ランキング
働きたいIT企業
給料の高いIT企業
不採用の理由ランキング
本当の退職理由ランキング
こんな人はリストラ予備軍
キャリアアップ
資格
転職に有利な資格ランキング
ニュース
就職・転職ニュース一覧
役職別平均年収比較
会社を辞めたい人が多い業種は
7社に1社、残業100時間超
サラリーマンの平均給与調査
サイトマップ
平均年収相互リンク集
求人情報リンク集
相互リンク募集
銀行業界の実態



銀行業界の仕事の実態

 バブル崩壊後の金融危機により3メガバンクを中心に再編され、多額の公的資金の投入により、救済された銀行業界。税金により助けられたのに、顧客サービスは軽視され、銀行員は依然として高待遇、と批判される銀行業界ですが、いざ就職となると
その高待遇と圧倒的な世間体の良さなどから常に就職先人気企業の上位にランキングされています。


 その銀行業界の仕事の実態はと言えば、昔も今もあまり変わりはなく、金融業界という華やかなイメージとはかけ離れたものです。


 新人行員時代は、ノルマ達成のためにひたすら頭を下げまくる外回りと支店に戻ってからの事務作業の日々が続きます。


 銀行でのノルマにも様々なものがありますが、多くは各種預金の新規口座獲得と預金残高の増額などです。これらのノルマは個人にも課せられますが、課や支店単位でも課せられるため、一人がノルマを達成できなければその分を他の人が穴埋めしなければならなくなるため、ノルマ達成のプレッシャーはかなりのものです。


 銀行での花形部署と言えば、大企業への融資部門。商店のおやじや口うるさいおばさんなどに頭を下げざるを得ない惨めな場面も多いリテール部門に比べ、大企業のエリートを相手に億単位のお金を動かす華やかなイメージは銀行員の憧れでもあります。最近では銀行のリテール部門重視の傾向から、リテール部門も人気も上がりつつあるようですが、あくまでもリテール向け商品の開発部門など、個人の顧客と直接接することの少ない部門に限られているようです。


 銀行での出世コースと言えば、人事部門と言われます。銀行の人事部門に配属されることは銀行員にとって非常に名誉なことですが、その仕事はと言えば、序列を重んじる銀行業界で軋轢を起こさないように人材配置に知恵を絞るなど、不毛な作業が多いとも言われています。また、銀行の人事担当者は全行員の氏名から入行年次、所属暦から家族構成、趣味にいたるまで丸暗記する必要があるなどの噂もあります。


 また、銀行業界は上下関係も厳しく、上司のプライベートな用事の手伝いやお得意様の接待、社内行事への参加のために休日出勤を強いられるなど、業界の古い体質にはストレスを感じる人が多いようです。


 規制業種である銀行にとって金融庁は絶対的な存在。金融庁の役人であれば、どんな理不尽な要求でも逆らうことはできず、銀行の頭取であっても、金融庁の新米役人にも頭が上がらないというような力関係になっています。


 仕事内容自体はとても魅力的とは言えない銀行ですが、その人気を支えるのは、やはり待遇と世間体の良さ。大手銀行では30代半ばには、ほぼ全員が年収1000万円を超え、40代半ばの支店長クラスで年収2000万円ほどになります。給料のピークは40代後半から50歳ほどで、その後、平均年収は下がる傾向があります。その理由は、一部の出世コースの行員は昇進し年収も増加しますが、大半の行員が関連会社や取引先へ出向となり給与水準が3〜4割下がる例が多いためです。


 銀行員は転職市場でも人気が高く、一般企業の財務や企画部門、生損保業界などへの転職が多いと言われます。高い金融知識に対する期待や銀行員の堅いイメージから銀行員を採用したいという会社は多いようです。


 最近は億単位の年収を稼ぐ行員も多いといわれる外資系銀行の人気が高まっており、外資系銀行への転職を考える銀行員も増えてきているようです。


銀行の仕事の実態



<注意事項>
■当サイトの情報は必ずしも最新の情報とは言えません。また、掲載している情報に誤りがあることもありますので、当サイトの情報の利用にあたりましては、ご自身の判断で自己責任でご利用ください。当サイトのご利用により生じた損失等について当方は一切責任を負いません。
Copyright:(C) job-hunting 2005. All Rights Reserved.