就職・転職情報ナビ 日本を代表する自動車メーカーや電機メーカーなどでもリストラが日常茶飯事となりました。好業績を上げている企業が、同時にリストラを進めているということも珍しくありません。リストラ部屋が話題となりましたし、IBMのリストラなどはかなりひどい実態で問題となりました。リストラはもはや誰が候補にされてもおかしくない状況です。リストラされやすい人はどんな人でしょうか。人事部員が教えてくれました。
HOME>人事担当者が明かす「リストラされる社員はこんな社員」
情報リンク 就職関連BOOKS PR
【キャリア査定】あなたの市場価値を無料査定!
転職を考えたら、まずは
自分の市場価値を確認してみましょう!
ご存知ですか? 求人情報の80%は非公開求人情報です。

企業の採用ページや転職サイト、新聞、転職情報誌等で公開されない求人情報は意外と多く、約8割は非公開求人情報と言われています。
絶対内定エントリーシートの書き方
面接試験対策
採用担当者裏マニュアル
自己啓発
エンジニアが失敗しない転職をするためには?
国内最大級のエンジニア求人!
エンジニア専門転職支援。
MENU
給料・平均年収
平均年収ランキング一覧
業種別ランキング
 水産・農林 鉱業 建設 食品
 繊維 パルプ・紙 化学 金属
 石油・石炭 ゴム 窯業 鉄鋼
 非鉄金属 機械 電気機器
 輸送用機器 精密機器 
 その他製造 商業 金融・保険
 不動産 陸運 海運 空運
 情報・通信 倉庫
 電気・ガス サービス
業種別ベスト5・ワースト5
平均年収高額企業ランキング
総合  ■高額な業種
ベスト50社 ■ワースト50社
職種別年収ランキング
  営業 事務・企画 技術
上場企業 業種別
年代別 職種別平均年収
年代別 女性の給与明細
年代別 課長の給料
30歳平均年収ランキング
給料の安い会社ランキング
サラリーマンの平均給与
職種別・時給ランキング
■業界別給与・賞与比較
テレビ局・新聞社・出版社
主要マスコミの給料一覧
自動車業界情報・通信業界
公務員vs民間給料比較
職業別給料平均年収比較
平均年収ランキングトップ1000
30歳年収ランキングトップ1000
職種・業界別時給ランキング
職業別給料平均年収ランキング
 (総理大臣からフリーターまで
職種別年収ランキング
 (パイロットからビル清掃員まで)
公務員給料・年収一覧
役員報酬ランキング
女性の給与明細ランキング
外資系企業平均年収ランキング
出身大学別平均年収ランキング
年収激増職種、激減職種
ボーナス・賞与
ボーナス支給額ランキング一覧
2015年夏のボーナスランキング
2014年冬のボーナスランキング
2014年夏のボーナスランキング
2013年冬のボーナスランキング
2013年夏のボーナスランキング
初任給
初任給ランキング一覧
業種別初任給ランキング一覧
高額初任給ランキング
生涯賃金
生涯賃金ランキング 
職場環境
働きやすい会社ランキング一覧
働きやすい会社ランキング3
働きやすい会社ランキング2
働きやすい会社ランキング1
女性が働きやすい会社2
女性が働きやすい会社1
社員に優しい会社ランキング
社員に愛されてる企業ランキング
ストレスがたまる業界・業種
仕事の激務度ランキング
働きがいのある会社
仕事で得したこと(役得)特集
花形・窓際部署
業種別花形・窓際部署
満足している人が多い職種
待遇の満足度(日系企業)
待遇の満足度(外資系企業)
職業別自殺者数調査
年収の高い職種の平均残業時間
人気業界の実態
放送(テレビ局)業界
自動車業界
銀行業界
外資系企業の実態
優良企業
優良企業ランキング2
優良企業ランキング1
優良企業ランキング
10年後の大企業ランキング
10年後も絶対に生き残る企業
10年後になくなる仕事
成長企業ランキング
就職
就職人気企業ランキング一覧
新卒編1/  ・転職編
就職人気企業ランキング4
就職人気企業ランキング3
就職人気企業ランキング2
就職人気企業ランキング1
大学生が選ぶ就職人気企業
過去30年の人気企業トップ10
役立つ大学ランキング

欲しい学生いらない学生
転職
転職人気企業ランキング2
転職人気企業ランキング1
転職して想定外であったこと
世界の就職したい企業ランキング
働きたいIT企業
給料の高いIT企業
不採用の理由ランキング
本当の退職理由ランキング
こんな人はリストラ予備軍
キャリアアップ
資格
転職に有利な資格ランキング
ニュース
就職・転職ニュース一覧
役職別平均年収比較
会社を辞めたい人が多い業種は
7社に1社、残業100時間超
サラリーマンの平均給与調査
サイトマップ
平均年収相互リンク集
求人情報リンク集
相互リンク募集
人事担当者が明かす「リストラされる社員はこんな社員」

有名企業の人事担当者が、どのような人がリストラ対象とされるのかを教えてくれました。

仕事ができない人がリストラ対象とされるのはもちろんですが、仕事が出来過ぎてもリストラ対象とされることがあるようで、目立ちすぎない程度に優秀と思われる社員が良いということでしょうか。。。いろいろ話を聞きますと、上司に好かれることはもちろんのこと、同僚や部下から好かれていることが大切なようです。結局は人間関係ということでしょうか。。。

外資系企業はドラスティックに部門ごと全員を解雇したり、条件を満たさない社員は容赦なくリストラすることが多いようですが、日本企業は以前より厳しくなったとは言え、リストラもなるべく穏便にすませたいといった傾向があるようです。

リストラ対象となり、会社から徹底的な嫌がらせを受けたものの、抵抗し続けた結果、会社が目標としていた人員整理の人数に達した途端、リストラが終了し、依然と同じような職場に戻ったなどと言う事例もあるようです。1年近く戦ったそうですが。。。

下の表はリストラ対象とされやすい人の特徴をまとめたものです。

リストラされる人の特徴
40歳以上で管理職についていない人はリストラ予備軍。
グループ企業全体の従業員数を管理しており、新規に採用する人数と退職する人数を合わせるようにしている。退職者が少ない場合はリストラを行う。
目標未達が続いている人は当然リストラ候補。成績が優秀でも担当事業の業績が良くない場合は事業ごとリストラされるケースも増えている。
成績が真ん中以下の人は既にリストラ済み。残っている社員は以前で言えば平均より優秀な社員であるが、今はその中からリストラ候補を選んでいる。
社員の八割くらいはリストラ対象と思っておいてよい。
周りから、辞めさせられてもしょうがないと思われている人からリストラするようにしている。
仕事がずば抜けてできる人を切ることもある。できる社員は敵が多いため、職場の雰囲気が良くなることがある。
真面目で無能な人が最も不要。上司の指示を勝手に解釈し、職場を混乱させる人が多い。
朝早く来て夜遅くまで仕事をしている人はダメ。仕事の質ではなく、量で勝負している人はダメ。
扶養家族や家族手当、住宅手当てといった手当てが多い人からリストラする。
条件が同じなら費用が掛かる人がリストラされる。同じ条件なら通勤費が多い人を切る。
勤怠不良の人は間違いなくリストラ対象にされる。
就業規則等のルール違反をしたことのある人はやめさせやすい。
異動を拒否した人。
当事者意識が乏しく、不満を述べるが、自ら状況を変える努力をしない。
評論家タイプ。
上司との上手く行っていない人。
孤立している人はリストラしやすい。
真面目な人、責任感が強い人はリストラを受け入れる傾向があるため、どうしても誰かを辞めさせないといけない時、選ばれる可能性が高い。
他社でも通用するスキルがある人がリストラ対象に選ばれることも。配偶者にそれなりの収入がある人をリストラ対象にすることもあります。一度は同じ部署で働いた仲間。リストラ後の生活を考慮してあげたくなることもあります。
外資系企業では、上司が変わったとき、前の上司と近かった社員や仲が良かった人が切られることも良くある。外資系企業は上司が絶対。日本企業以上に公私共に上司への気配りをする必要があります。






<注意事項>
■当サイトの情報は必ずしも最新の情報とは言えません。また、掲載している情報に誤りがあることもありますので、当サイトの情報の利用にあたりましては、ご自身の判断で自己責任でご利用ください。当サイトのご利用により生じた損失等について当方は一切責任を負いません。
Copyright:(C) job-hunting 2005. All Rights Reserved.