就職・転職情報ナビ 国家公務員の夏のボーナスが1割程度削減される見込み。地方公務員や自衛官も基本的には国家公務員の給与を参考に給与水準を決めることが多いため、ほぼ全公務員の夏のボーナスがカットされる模様。しかし、民間企業のリストラの厳しさに比べれば、役所の甘さは拭い去れない印象。
情報リンク 就職関連BOOKS PR
【キャリア査定】あなたの市場価値を無料査定!
転職を考えたら、まずは
自分の市場価値を確認してみましょう!
ご存知ですか? 求人情報の80%は非公開求人情報です。

企業の採用ページや転職サイト、新聞、転職情報誌等で公開されない求人情報は意外と多く、約8割は非公開求人情報と言われています。
絶対内定エントリーシートの書き方
面接試験対策
採用担当者裏マニュアル
自己啓発
エンジニアが失敗しない転職をするためには?
国内最大級のエンジニア求人!
エンジニア専門転職支援。

HOMEニュース一覧
MENU
給料・平均年収
平均年収ランキング一覧
業種別ランキング
 水産・農林 鉱業 建設 食品
 繊維 パルプ・紙 化学 金属
 石油・石炭 ゴム 窯業 鉄鋼
 非鉄金属 機械 電気機器
 輸送用機器 精密機器 
 その他製造 商業 金融・保険
 不動産 陸運 海運 空運
 情報・通信 倉庫
 電気・ガス サービス
業種別ベスト5・ワースト5
平均年収高額企業ランキング
総合  ■高額な業種
ベスト50社 ■ワースト50社
職種別年収ランキング
  営業 事務・企画 技術
上場企業 業種別
年代別 職種別平均年収
年代別 女性の給与明細
年代別 課長の給料
30歳平均年収ランキング
給料の安い会社ランキング
サラリーマンの平均給与
職種別・時給ランキング
■業界別給与・賞与比較
テレビ局・新聞社・出版社
主要マスコミの給料一覧
自動車業界情報・通信業界
公務員vs民間給料比較
職業別給料平均年収比較
平均年収ランキングトップ1000
30歳年収ランキングトップ1000
職種・業界別時給ランキング
職業別給料平均年収ランキング
 (総理大臣からフリーターまで
職種別年収ランキング
 (パイロットからビル清掃員まで)
公務員給料・年収一覧
役員報酬ランキング
女性の給与明細ランキング
外資系企業平均年収ランキング
出身大学別平均年収ランキング
年収激増職種、激減職種
ボーナス・賞与
ボーナス支給額ランキング一覧
2015年夏のボーナスランキング
2014年冬のボーナスランキング
2014年夏のボーナスランキング
2013年冬のボーナスランキング
2013年夏のボーナスランキング
初任給
初任給ランキング一覧
業種別初任給ランキング一覧
高額初任給ランキング
生涯賃金
生涯賃金ランキング 
職場環境
働きやすい会社ランキング一覧
働きやすい会社ランキング3
働きやすい会社ランキング2
働きやすい会社ランキング1
女性が働きやすい会社2
女性が働きやすい会社1
社員に優しい会社ランキング
社員に愛されてる企業ランキング
ストレスがたまる業界・業種
仕事の激務度ランキング
働きがいのある会社
仕事で得したこと(役得)特集
花形・窓際部署
業種別花形・窓際部署
満足している人が多い職種
待遇の満足度(日系企業)
待遇の満足度(外資系企業)
職業別自殺者数調査
年収の高い職種の平均残業時間
人気業界の実態
放送(テレビ局)業界
自動車業界
銀行業界
外資系企業の実態
優良企業
優良企業ランキング2
優良企業ランキング1
優良企業ランキング
10年後の大企業ランキング
10年後も絶対に生き残る企業
10年後になくなる仕事
成長企業ランキング
就職
就職人気企業ランキング一覧
新卒編1/  ・転職編
就職人気企業ランキング4
就職人気企業ランキング3
就職人気企業ランキング2
就職人気企業ランキング1
大学生が選ぶ就職人気企業
過去30年の人気企業トップ10
役立つ大学ランキング

欲しい学生いらない学生
転職
転職人気企業ランキング2
転職人気企業ランキング1
転職して想定外であったこと
世界の就職したい企業ランキング
働きたいIT企業
給料の高いIT企業
不採用の理由ランキング
本当の退職理由ランキング
こんな人はリストラ予備軍
キャリアアップ
資格
転職に有利な資格ランキング
ニュース
就職・転職ニュース一覧
役職別平均年収比較
会社を辞めたい人が多い業種は
7社に1社、残業100時間超
サラリーマンの平均給与調査
サイトマップ
平均年収相互リンク集
求人情報リンク集
相互リンク募集
国家公務員2009年夏のボーナス1割減額

 人事院は1日、一般職の国家公務員に支給する今夏のボーナスを昨年に比べ平均で約一割減額するよう国会と内閣に臨時勧告した。昨年の人事院勧告で月給2.15か月分の夏のボーナス据え置きが決まっていたが、民間企業の夏季一時金の大幅減額を考慮し、0.2か月分減らす。

 石油危機で物価が急騰した1974年にボーナスを引き上げる臨時勧告をした例はあるが、引き下げの臨時勧告は初めて。勧告を受け政府は、大型連休明けの給与関係閣僚会議と閣議で減額方針を決定する。今国会に提出し、成立を目指す。

 人事院勧告の対象となるのは一般職国家公務員の約30万人。地方公務員や自衛官もこれに沿って給与水準を決める例が多く、事実上、300万人以上の公務員に影響が出る見通し。減額による経費削減の規模について、与党内には1000億円以上となるとの声がある。

 人事院は官民の差から下げ幅を決めるため、企業を対象とした特別調査を実施。民間企業の夏季一時金の下げ幅は平均13.2%だった。本省課長(45歳、配偶者と子ども2人)のモデル給与を見ると、年収は約1240万円。削減幅は約16万円で年収の1%程度となる見込みで、民間企業での削減幅に比べ軽微であり、公務員の好待遇振りは変わりなしといった印象。



 国家公務員の夏のボーナスが減額となる背景には米国発の金融危機をきっかけとした景気悪化がある。民間企業がおおむねボーナス減となるなかで、「公務員だけが据え置きでいいのか」という声が政府・与党内で強まった。

 人事院勧告は毎年8月。6月に支給予定の夏のボーナス水準は1年以上前から事実上決まっている。春に労使が交渉する民間企業の場合、一時金の水準は直近の経済状況を反映するため、今回、政府・与党も民間準拠を強調し、一割程度のボーナス減の前倒しを検討してきた。春に減額を決めれば、秋までにある衆院選に向けて与党側の姿勢をアピールできるうえ、官公労から支持を受ける民主党をけん制できるとの思惑もあった。

 ところが、民間のボーナスの大幅な減額を重く見た官公労は正面からは反対しない方向に傾斜。民主党も1日に発表した談話で「臨時勧告の必要性は基本的に理解でき、完全実施が望ましい」と述べ、ボーナス減を容認した。国会議員、閣僚ら「特別職」の夏のボーナス大幅削減も与党内で議論に上がっている。ボーナス減を肌身で感じる有権者も多く、政府・与党は衆院選を前に「身を切る」対策も迫られそうだ。

                              ≫ニュース一覧へ






就職・転職・収入関連ニュース
<注意事項>
■当サイトの情報は必ずしも最新の情報とは言えません。また、掲載している情報に誤りがあることもありますので、当サイトの情報の利用にあたりましては、ご自身の判断で自己責任でご利用ください。当サイトのご利用により生じた損失等について当方は一切責任を負いません。
Copyright:(C) job-hunting 2005. All Rights Reserved.